給湯器が故障したら修理業者に依頼しよう~給湯器の救急隊~

二種類存在する

給湯器のメリット・デメリット

給湯器の買い替えを考えているなら知っておいたほうがいいのが給湯器の種類とメリットやデメリットです。給湯器にはガス給湯器と電気給湯器の二種類があります。ガス給湯器はプロパンガスや都市ガスなどのガスでお湯を沸かすタイプです。スイッチを入れたり、お湯の蛇口をひねるだけですぐにお湯が沸き、使用したい分だけ使用できます。本体価格が安いので初期費用は安く済みますが、その代わりガス代がかかるというデメリットがあります。電気給湯器は電気を使用してお湯を作りだめしておくことができます。電気代は深夜電力を使用することで抑えることができます。本体価格は高いですが、ガスよりも光熱費が安くなること、寿命が20年と長い事が電気給湯器のメリットです。

修理に出す前にチェックすること

お湯が出ない、温度調整ができない、リモコンが作動しないなどのトラブルがあったら、修理や買い替えを考える前に基本的なことをチェックしてみることをおすすめします。思いがけないトラブルでも、コンセントを抜き差しするだけで直ることがあります。修理に出すと高い修理代がかかります。修理代で80000円以上出すなら、新しい給湯器に買い替えたほうがお得になることもあります。エコジョーズのフルオートタイプで89000円くらいで買えます。追い炊き機能もなにもついていないシンプルな給湯のみのタイプなら20000円くらいでも買う事ができます。ガス給湯器の寿命は10年と言われています。10年経過して故障したら買い替えのタイミングです。